矢嶋屋
トップページお知らせ会社案内商品案内採用情報お問い合わせ

社長挨拶

 

創業当時(1900年頃)、東北六県には『卸売兼小売店』といった兼業の会社が多く存在しました。
来店されるお客様の要望に、店主さん店員さんと一緒になって相談に乗り、地元の鍛冶屋さんに依頼して卸してきました。

今現在も、ユーザのニーズを捉えてバイヤーに提案するという姿勢は創業時より一貫しております。
いつの時代になっても消費者の声(ニーズ)を素早く正確にキャッチする企業でありたいと思います。


株式会社 矢嶋屋 代表取締役 内田良治

矢嶋屋のロゴマークについて

矢嶋屋ロゴ  

三つに重なった三日月は「殻」「枠」、その開いた所からメビウスのマークが飛び出している様子を、「何事も決まりきった枠に囚われず、自分の殻を壊して外界に飛び出して行動し、無限の可能性を追い求める」という意味を込めて表現しています。

そしてその下の”TRUST”は文字通り、「エンドユーザ様・得意先様・仕入先様への信頼を第一に考え、営業活動を行う決意」を表しています。

© 株式会社 矢嶋屋 All Rights Reserved.